読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードペディア(CreditCardPedia)

クレジットカードの百科事典。クレジットカードの基礎知識や選び方、ニュースなどを網羅。

Apple PayでのSuica利用時、VISAブランドのビューカードでもオートチャージは使えます。できないのは手動でのチャージ

f:id:burnworks:20161025134952j:plain

本日利用可能になったAppleのiPhone 7(Apple Watch 2 も利用可能)を使って決済が行える仕組み「Apple Pay」ですが、交通機関で利用することを期待している方も多いと思います。

Apple PayがSuica、ビューカードに対応したことで、今までお財布などにSuicaやSuica一体型ビューカード(ビュー・スイカ)を入れて改札にタッチしていた人も、iPhoneをタッチすることで改札を通ることができるようになります。

さて、このSuicaの利用について、ある条件だと「オートチャージが使えないらしい」という情報が回っているようですので、下記に簡単にまとめてみます。

VISAブランドのビューカードで制約ありなのは確か

「VISAブランドのビューカードをiPhone 7に登録しても、オートチャージが使えないらしい」というのが私が目にした情報ですが、これについてははっきりと間違いです。

ビューカードの公式サイトでは、Apple Payの提供開始に備えて以前から情報が掲載されていましたが、該当部分には下記のように明記されています。

※Apple PayでSuicaへチャージする場合、Visaブランドのビューカードではご利用できません。

www.jreast.co.jp

これだけ読むと、確かにチャージ機能が使えないことはわかります。ここでいうチャージというのは、Apple Payを操作して、Suicaに手動で入金(チャージ)することを指していますので、従来の利用で、必要な金額を都度チャージして使っていた方にとっては確かに大きな制約です。

VISAブランド以外のビューカードを持っている方には全く関係ないですが、実は私が持っているビューカードもVISAブランドなので他人事ではありません。

オートチャージは使えます

結論から言うと、VISAブランドのビューカードでも、オートチャージは問題なくApple Payで利用できます。詳しくは下記のページの「2. Suicaのアプリケーションでオートチャージを利用できる!」の部分に書かれています。

Suicaのアプリケーションに登録して、ビューカードでオートチャージ設定をすると、iPhone 7でオートチャージがご利用いただけます。
※オートチャージはVisaブランドのビューカードでもご利用いただけます。

www.jreast.co.jp

ですので、オートチャージでSuica一体型ビューカードを利用している方にとっては、VISAブランドのビューカードであっても、少なくともオートチャージに対応した交通機関で利用する場合には大きな問題はありません。

ただしオートチャージしかできないので、例えばバスとか、オートチャージに対応しない交通機関で残高が切れてしまったときに、ちょっと面倒かもしれません。足りない分をその場でチャージできないですからね。

もちろん、VISAが今後Apple Payに対応すれば、この問題は解決されると思いますが、現時点でVISAブランドのビューカードを利用している方は少し注意が必要。もしかするとApple Payには登録せず、普通にカードを持ち歩いた方がよいかもしれません。

これからApple Payで利用したいためにSuica一体型ビューカードを作る方は、ひとまずVISAブランド以外で申し込んだ方がよいかもしれませんね。

あわせて読みたい

creditcardpedia.hateblo.jp