読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードペディア(CreditCardPedia)

クレジットカードの百科事典。クレジットカードの基礎知識や選び方、ニュースなどを網羅。

会社を立ち上げたばかりでクレジットカードや法人口座が作れない? そんなときは楽天ビジネスカードと楽天銀行法人口座がオススメ

f:id:burnworks:20161025091934j:plain

会社員から独立して個人事業主になったり、会社を立ち上げたばかりの時、まずクライアントとの取り引きのために必要なのが銀行口座(法人口座)ですね。そして、経費の支払いと経理処理を楽にするためにも、法人向けクレジットカードは是非とも1枚作っておきたいところ。

ところが、会社を立ち上げたばかり、特に資本金などがそれ程多くない場合(今は極端な話、資本金が1円でも株式会社は作れてしまいますからね)などは、社会的信用が足りず、所謂、メガバンクはもちろん、都市銀行でもほとんどの場合簡単には法人口座は作れませんし、クレジットカードに関しても、かなり敷居は高いのが現実です。

実際に私個人が会社を作った直後に法人口座の開設を申し込んだメガバンクは残念ながらすべて審査を通りませんでしたし(最低でも1期目の決算が欲しい、もしくはもう少し他行で取引実績がないと難しいと言われました。資本金が100万円に満たないような立ち上げ直後の会社なので仕方ないとは思いますが……)、クレジットカードについても最低2期くらいの黒字決算が必要というのはよくいわれることで、立ち上げたばかり、しかも資本金も少ない零細企業にはかなり厳しいなと感じました。

特に最近はマネーロンダリングや振り込め詐欺などへの対策のため、メガバンクの口座開設はかなり厳しいです。一昔前はそれ程苦労しなかったと聞いたこともありますが、実際に私は断られていますからね。もちろん、資本金が1,000万とかあれば何ら問題なく作れるとは思いますけども。

銀行口座に関してはネットバンクで急場をしのぎましょう

とはいえ、実は私の会社も立ち上げた当月には法人口座も法人向けクレジットカードも作れていました。銀行の法人口座についてはまずはネット専業(実店舗がない)の銀行を狙うのがオススメです。その中でもやはり楽なのは楽天銀行の法人口座です。

www.rakuten-bank.co.jp

また、私も保険として楽天銀行と同時に申し込みましたが、住信SBIネット銀行も口座開設が比較的楽で楽天銀行とあわせて申し込んでおくとよいかもしれません。

www.netbk.co.jp

楽天にしても住信SBIネット銀行にしても、口座開設申込書類を送って、それが口座開設窓口に到着してから、およそ2週間~3週間は開設までに時間がかかります。会社を設立すると決めたら、なるべく早めに申し込んでおきましょう。そうしないと、初月の売り上げをお客さんから入金してもらうときや逆に支払わないといけないとき、個人の口座しかないなんてことになって困ることになります。

ネット専業銀行は公的年金の支払い時に注意

ネット専業銀行の口座で少しだけ不便なのは、会社の場合、社員は厚生年金に加入すると思いますが、その支払いを法人口座からの口座振替にできない点です。公的年金の口座振替を申し込むには、銀行の窓口で「保険料口座振替納付申出書」に確認印を押してもらう必要がありますが、ネット専業銀行は実店舗がないため、この確認印がもらえません。よってネット専業銀行の口座では口座振替が利用できないため、毎月送られてくる振込用紙を使って振り込みをする必要があります。

また、厚生年金はネットバンクを利用した支払い、Pay-easy(ペイジー)でも納付できるのですが、ネット専業銀行の場合、Pay-easy(ペイジー)自体は利用できるものの、公的年金などの支払いは残念ながらできません。よって毎度銀行窓口に行って支払うか、個人でメガバンクの口座を持っていれば、その口座からネットバンクを利用してPay-easy(ペイジー)で支払い、あとで経費として精算するという流れになります。ちょっと面倒ですね。

ただ、それ以外に関しては口座維持手数料もかかりませんし(楽天銀行、住信SBIネット銀行ともに無料)、ネット専業だけあってネットバンキングの使い勝手はよいことが多いのでオススメできます。

メガバンク法人口座向けのネットバンキングの使い勝手ははっきり言って最悪なことが多く、利用時間帯が限られていたり、口座維持手数料も数千円毎月とられたりとろくなことありません。私の会社も2年目に取引上の都合で三井住友銀行の法人口座を作りましたが使い勝手が悪く、結局メインの銀行口座は楽天銀行のままです。

法人向けクレジットカードも楽天で決まり

f:id:burnworks:20161025100939j:plain

楽天カードの法人向けクレジットカードは「楽天ビジネスカード」と呼ばれますが、このカードは、個人向けの「楽天プレミアムカード」の付帯カードという扱いになります。「楽天プレミアムカード」というのは個人向けのゴールドカードで、年会費が10,800円(税込)かかります。その付帯カードとして「楽天ビジネスカード」年会費2,160円(税込)を同時に申し込むことができます(すでに楽天プレミアムカードを持っている方は追加で楽天ビジネスカードだけ申し込めます)。

楽天プレミアムカードは個人向けですので、引き落とし口座も個人の口座を指定します。一方の楽天ビジネスカードは法人向けクレジットカードですので、会社の口座が引き落とし口座になります。クレジットカードの限度額は、この2枚をあわせて100万円などと設定されます。ですから、楽天プレミアムカードで10万円利用残高があると、楽天ビジネスカードで利用できる限度額の残りは90万円といった感じになります。

個人・法人クレジットカードを同時に発行できて便利

個人用途と法人の経費でクレジットカードを分けると良いですよと書きましたが、楽天ビジネスカードであれば、個人向けの楽天プレミアムカードとセットで発行されるため、1回の申し込みで個人・法人クレジットカードを同時に手に入れることができます。これで個人の用途と会社経費を使い分けてあげれば完璧。

しかもどちらのカードを利用しても、利用額に応じて楽天ポイントが付きますので、経費を使いながらポイント還元までされるというなんともおいしいクレジットカードとなります。

楽天プレミアムカードの申し込みはこちらから

※ 楽天プレミアムカードの申し込み時に楽天ビジネスカードも同時申し込みができます。楽天ビジネスカードを発行するには楽天プレミアムカードの申し込みが必須です。

法人向けクレジットカードについてより詳しく知りたい方は下記の記事をあわせてご覧ください。

creditcardpedia.hateblo.jp

楽天カードが嫌だという方はJCBの法人カードを狙ってみるのもいいかも

楽天カードはちょっとという方にはJCBの法人カードもオススメです。楽天ビジネスカードにしてもJCB法人カードにしても、経費を使いながらポイントがたまるので、とてもお得。また国内での利用がメインであれば加入店も多いので、利用シーンを選ばず利用することができるのもうれしいところです。

www.jcb.co.jp