読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードペディア(CreditCardPedia)

クレジットカードの百科事典。クレジットカードの基礎知識や選び方、ニュースなどを網羅。

クレジットカードでの支払いは「借金」と同じ?

f:id:burnworks:20161024085505j:plain

クレジットカードは現金を持ち歩かなくても買い物ができるなど便利ですし、カードによってはポイントがたまるなどお得なことも多いですが、反面お金がないのにものが買えてしまうという状態は借金をしている状態と同じとも考えられますよね。

そういう不安をお持ちの方に、まずは初歩的なクレジットカードの仕組みを2、3分でわかるように簡単に解説します。

クレジットカードでの支払いは個人の信用を担保にした後払い

あなたがクレジットカードでお買い物をした場合、あなたに品物を売ったお店は、あなたからは直接お金をもらいません。クレジットカードの提供会社に対して、代金を請求することになります。そして、クレジットカード会社は、毎月まとめてあなたに利用した金額の支払いを求めます。

クレジットカード会社からお店への代金支払いのタイミング(よく「月末締め○日払い」などというあれです)や、クレジットカード会社からカード利用者(あなたです)への請求タイミングはまちまちですが、少なくともあなたは欲しい品物を購入する時点ではお金を持っている必要はありません。決められた引き落とし日までに、使った分を引き落とし口座に入金するなどすればよいというわけです。

つまり、クレジットカードを使って買い物している場合、あなたがクレジットカード会社への支払いを終えるまでの間、一時的な借金をしているのとほとんど同じ状態と言えます。

といっても、一括払い(クレジットカード会社によっては2回払い、ボーナス一括払いも含む)をしている限り、通常の借金(キャッシングローン)のような「金利(利子)」や手数料を請求されることはありません。きちんと期日までに利用した分を支払いさえすれば、無利子で後払いにすることができるというのがクレジットカードのメリットです。

だからクレジットカードを作る際は審査される

短期とはいえ、クレジットカード会社はあなたの買い物した金額を肩代わりし、毎月の支払日まで待ってくれるわけですので、クレジットカード会社もあなたが本当に約束通りにお金を返してくれる人なのか、調べたくなるのは当たり前ですね。

クレジットカードを新規に作る場合、勤務先の情報や収入を細かく調べられたりしますが、これはあなたが信頼するに値する人なのか、使ったお金をきちんと返すだけの能力がある人なのか、というところを見ているわけです。

クレジットカードを作れるということは、そのクレジットカード会社において、あなたは信頼できる人だと判断されたということになります。あとはその信頼を裏切らないように、決められた日にきちんと利用金額を支払っていれば、その信頼も持続し、クレジットカードを使い続けることができます。

利子を取らずにクレジットカード会社は儲かるの?

クレジットカード利用者の支払いを短期とはいえ肩代わりしてあげて、金利や手数料も取らないのにクレジットカード会社は儲かるの? という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、クレジットカード会社はあなたがクレジットカードを利用したお店から決済手数料をいただいていますので、そこで収入を得ることができます。

クレジットカードを利用可能にすることはお店にも大きなメリットがあります。というのはクレジットカードが使えることで、高価なものでも購入する際の心理的ハードルが下がると言われていますし、1人当たりの購入金額も現金払いのみに比べて増えるという調査データがあるとのこと。やはりお財布の中身を気にせず、欲しいと思ったときに購入できることは利用者にとっては大きなメリットです。

また、クレジットカードが利用できることで、お店自体の信頼性もあがるというデータもあり、お店は手数料を払ってでもクレジットカードを利用可能にするだけの根拠があるということになります。

リボ払いや分割払いでさらに利益が

クレジットカード会社にとって最もうれしいのは、利用者がリボ払いや3回以上の分割払いを選択してくれることです。

リボ払いというのは、毎月の支払金額を一定にした分割払いのこと。通常の分割払いは、利用金額に関係なく、それを回数で割って、毎月の支払額が決まりますよね。例えば、10万円を5回の分割で払うとすれば、毎月2万円の支払い(実際には金利や分割手数料が加わりますが)、のように計算します。

リボ払いは、まず毎月の支払金額を決めます。例えば毎月1万円のリボ払いと決めたら、利用額にかかわらず、毎月1万円だけ支払えばOKになります。その1万円には金利やリボ払い手数料が含まれていますので、実際には支払金額から手数料を引いた金額が、毎月返済されていることになります。支払い期間が長くなるほど、金利・手数料をもらえるので、クレジットカード会社としてはリボ払いで沢山使ってもらうのがおいしいということになりますね。

リボ払いや分割払いについては別のページでさらに詳しく解説しています。詳しくは文末の「あわせて読みたい」をご覧ください。

無利子の借金はお得。利用金額にだけ気をつけて賢く利用しよう

無利子で借りられるお金というのは実はとてもお得で、積極的に利用した方が賢いです。それを特に利用額に応じてポイントが付くクレジットカードは、無利子でお金を借りた上に、ポイントで還元までされます。

だからといって、際限なく使えば、支払日にものすごい請求が来て困ってしまうことになりますので、利用する額については計画的に、自分のお財布と相談しながら決めないといけませんが、そこさえきちんと考えたなら、「クレジットカードでの支払いは借金だから怖い」などと過度に怖がる必要はまったくありません。

賢く、うまくクレジットカードを利用すれば、現金払いにはないメリットを数多く手に入れることができますよ。

あわせて読みたい

creditcardpedia.hateblo.jp